大学進学する際には受験の費用だけでもかなりの金額を要します。

例えば入学願書。
国公立は無料ですが、私立は1,000円前後かかります。
郵送をお願いすればさらに郵便代金も請求されます。

願書を入手したら受験の出願をしなければなりませんが、国公立は1つの大学につき17,000円の受験料があり、私立大学はなんと国公立の約2倍にあたる35,000円が受験料の相場となります。

さらに私立の医学系大学は、50,000円前後の受験料を支払わなければなりません。センター試験を受ける人は、国公立の人は18,000円、私立の人は12,000円の受験料をとられます。

ほとんどの人が滑り止めの大学を受けますし、追加募集している大学を受験することもあるので、国公立では6万円前後、私立では15万~17万円前後受験の費用にあてている人が多いです。

無事合格し大学進学してからは、実家や地元から大学が離れている場合は学生寮やアパートなどの家賃や生活費がかかります。

近年は敷金や礼金がいらず家具も付いている賃貸物件もあるので、事前の準備金を低めに抑えることもできますが、
食費や光熱費などを含めると最低でも月10万円はかかると見越しておきましょう。

大学の学費は学科によって異なり、特に理系分野は実験や研究が必要な分割高となります。1年の授業料を平均すると国公立は50万前後、私立の文系は70万前後、私立の理系は100万前後なので目安にして下さい。

大学進学にかかる費用は、親御さんが積み立てた学資保険を利用する人もいれば、奨学金制度を利用する人もいます。また、外からの援助だけに頼らずアルバイトを頑張って学費や生活費にあてている人も多いです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

トラックバックURL

最新の記事一覧

  • フォーラム新着投稿!

ページ上部に