国公立大の一般入試を受験するには、まずセンター試験を受けなければいけません。

センター試験は10月中旬の期限までに、高等学校の卒業証明書か卒業試験の合格見込成績証明書と、出願書を志望先の大学に提出することで受験資格が与えられます。

センター試験で受ける教科数は各大学によって微妙に異なりますが、ほとんどの国公立大は5教科で7科目以上を受けなければなりません。

センター試験の本番は1月中旬であり、2日間マークシート方式のテストを受けることになります。

センター試験の後は、志望する国公立大の2次試験を受けることになり、センター試験と2次試験の成績の合計点で合否が決まる仕組みです。国公立大の2次試験は記述方式のテストであるため、自分の力で答えを見つけ出すことがより重要となります。

特に難しいとされる一部の大学は全2回であることを除き、通常の国公立大は前期・中期・後期と2次試験を全3回受けるチャンスが与えられています。

つまり2次試験では、第3希望の大学まで受験することが可能なのです。

全3回の2次試験は約半月ごとに実施され、前期日程は2月の下旬が受験日で3月初旬に合格発表があります。

無事に合格していればめでたく受験終了となりますが、残念ながら不合格の場合は、前期の合格発表から間もない3月初旬に中期日程の2次試験を受けることになります。

中期日程でもダメだった場合は、3月中旬に後期日程の2次試験を受けなければなりません。

2次試験は早く合格しなければ、精神的にも追い詰められるだけでなく、記述試験の他に面接も課せられるなど負担も大きいものになりがちです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

トラックバックURL

最新の記事一覧

  • フォーラム新着投稿!

ページ上部に